不織布にはどんな特徴が有りますか?
すべての不織布に下記のすべての特徴が備わっている訳では有りませんが、不織布が選ばれる理由のごく一般的な要素を列記致します。
音がしない・
通気性がある・丈夫である・柔らかい・傷を付けにくい・毛羽がでにくい・高級感がする・安全衛生的
安定大量生産可水に強い緩衝性有り・暖かい・風合いがよい・織物に比し価格が安い
などが主たる特徴ですが、用途によって、より柔らかくしたり、堅めにしたり、伸縮性を出したり止めたり、嵩高にしたり密度を高めたり、また使用目的にあわせて材料や製造方法を選び調整します。たとえば、シーツやショーツ・Tシャツなどには吸水性のあるレーヨンやコットンの繊維を使い柔らかく、音のしない丈夫な製造方法の製品が選ばれます。レザーの裏張りなどは柔らかくて耐久性があり、表面にほね立ち(しわ癖折れ筋)が起きない製法が選ばれます。パップ剤の基材用には縦横伸縮性があり丈夫な製造方法が選ばれています。不織布の欠点も有ります、紙やフィルムよりも価格が高い、加工適性も紙やフィルムには負けます、また、不織布は透明な物が出来ません。不織布は紙と布とフィルムの中間の素材と大凡位置づけられるかもしれません。