繊維を分類しますと下記のようになります。それぞれ用途等により太さ、長さなどいろいろあります、また、
それぞれ繊維の強度や吸水性などの性質が異なり、その繊維の性質を生かして製品が開発され,作られています。
天然繊維(自然界に存在する天然のもの)
    →植物繊維(コットン・麻・竹・パルプなど)
      動物繊維(羊毛・絹など)
化学繊維(人工的に手を加えて生産されるもの)
    →再生繊維(レーヨン・キュプラ)
    →半合成繊維(アセテート)
合成繊維(石油等からできる繊維)
     ナイロン(ポリアミド系繊維)
     ポリエステル(ポリエステル系繊維)
     アクリル(ポリアクリロニトリル系繊維)
     ビニロン(ポリビニールアルコール系繊維)
     ポリプロピレン(ポリプロピレン系繊維) 
     ビニリデン(ポリ塩化ビニリデン系繊維)
     ポリウレタン(ポリウレタン系繊維)
無機繊維(ガラス繊維・金属繊維・炭素繊維)