繊維の断面は天然繊維や合成繊維、化学繊維などでその断面が少しずつ異なります。
下の写真の様に天然繊維は扁平、合成繊維でも本は円形をしていますが、
吸水性や柔らかさなどの特徴を出すために、研究され、三角、六角、中空、
扁平などが開発されており、皆様の身の回りにすでに商品が利用されています。
不織布に利用されている繊維の形状は、ナイロン・ポリエステル・ポリプロピレン繊維の
ものは殆ど丸形です(右側図)、フローリングワイパーなどに利用されているものの
一部には扁平のものもあります。レーヨンは製法上スキン層があり独特の形状になっています。
以下は日本化学繊維協会の資料から抜粋しました。

上左から分割繊維・扁平合成繊維・三角形状・キュプラ・レーヨン・綿・六角合繊・絹です。