粉漏れ防止性不織布
不織布は一般には2〜5デシテックスの太さの糸で出来ています。
粉漏れを防止するためには、より細い繊維で不織布を作ることが基本と成ります。
特にマイクロウエッブ(超極細繊維)で出来た不織布が現在の処利用されています。
また、湿式不織布で50g/u以上の厚さで熱プレス等により空隙を少なくして利用しています。
粉が通る道を少なくすることが肝要で、粉の大きさによりセレクトできます。
種類:湿式不織布・SMS・SMMS・多積層不織布など多数あります。
お問い合わせは03−3375−2561まで。担当:梅田・大江・浅倉。
E-mailはinfo@asakura-inc.co.jp