一見,化繊(化学繊維)と言うと,石油から出来た化学繊維と思ってしまいますが、は麻やコットンのような天然繊維に対して,人工的に作った繊維のことを言っていました。これは再生繊維とも呼ばれ、木材パルプやコットンリンター(産毛)などの天然の繊維を溶解し、紡糸して出来た繊維のことで、レーヨンやキュプラ等がこれに当たります。セルロース100%で吸水性もあり、肌にやさしく、バクテリア等により生分解性もあり、土にかえる環境にやさしい繊維です。その後セルロースと合成した半合成繊維(アセテート等)も開発され、また人工的に作られる繊維が多数開発され、現在は合成繊維(ポリエステル・ナイロン・アクリル・ポリプロピレン・ポリウレタンポリビニール系等)なども含まれます。更にこれから数々の生分解性繊維が生まれて来ると思いますが、これらも化繊の分類に加えられます。その他無機繊維(ガラス・セラミック等)も有ります。現在は天然繊維以外を化学繊維と言うようになりました。