繊維の太さ(デニール)はどのようなものですか?

    デニーロではありません、デニール(d)です。
1デニールとは1本の糸が9000mで1gの重量の太さを言います。それくらい、細い糸なのです。織物の
1本の糸は数十本の糸が撚られていますので、皆様が見る糸は太く感じます。

不織布に使用されている、繊維の太さは、大体2デニール〜3デニールの糸で出来ています。
2d〜3dの繊維をミクロンに直すと15μ〜30μ程度です。眼鏡拭きなどの超極細繊維では1.5μ〜3μ
大凡十分の一の細さです。
またマスクなどに使用されている超極細繊維の中には通常の100分の一の細さ
の不織布も有ります。
特殊用途、例えば水きりゴミ袋や農業資材のベタガケ、土木資材の干拓用の集水管用などに利用され
ている物には6〜9dのものがあります。この様に太い物はより濾過性や通気性を重視する用途に使われて
います。太い糸ですと空間も大きくなります、
逆にデニールが細い糸ですと空間が小さくなり、細かい物が取れることになります、バクテリアやチリなどの
透過を防ぐ目的で、フィルターやマスク・キノコの栽培用などに良く使われています。この特殊なメルトブロー
製法で作られた超極細繊維は0.5〜5ミクロンで一番細い繊維で0.03dくらいです。