家庭用で煮物・シャブシャブ・シチューなど鍋物に利用する、アク取りの不織布シートが販売されていますが、どうして、ヘルシーなのでしょうか?
ほとんどの商品がポリプロピレン(PP)繊維の不織布で出来ています、ポリプロピレンの繊維は自重の約21倍の油を吸着致します。
    その特徴を利用しています。
肉や魚から出る余分な脂肪汁やアクを吸着し、美味しい料理を作ってくれます。大体余分な油を
    70〜80%くらい取るので、健康に良いと言われています。
レーヨンやコットンの不織布も肉汁などを取るのには良いのですが、肝心の煮汁まで吸ってしまいます、折角の料理栄養分の
    一部を吸着してしまいます。
ですから、余分な油のみ吸着するポリプロピレンが使われているのです。ちなみに、中心部や淵部
    に切込が入っているのは、煮立つた時に泡が出ますが、その泡を効率良く切れ目から外に出したり、アクを押し上げてくれます。
また、ポリプロピレンは石油製品で熱に弱いのですが、鍋物等に使っても燃えたりしないのは、水分は皆様も学生時代に習った通り、
   100℃を超えないからです。水(水分)がある限り燃えません。気化する時に温度が奪われるのです。

注意:鍋の大きさに合わせた不織布を使いましょう、大きすぎると、鍋に当たった部分がポリプロ繊維なので、 熱で溶けて
     鍋にくっついてしまったり、焦げつく事があります。

本職の料理人やシェフに聞きましたところ、あくを取るのには煮立ったところに、卵白を入れ固まったところで卵白をすくい取ると、
     栄養分を損なわないで大変きれいになるそうです。一度やってみては如何ですか?